アンテナサイトRSS
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.27 11:03 |カテゴリ:日本代表コメント(0)

アギーレへの告発受理なら「技術委員会」も責任を取る?大仁会長、原専務理事、霜田技術委員長の任命責任が問われる可能性


aetgbtg1227.jpg

技術委メンバー総辞職も…アギーレへの告発受理なら「一緒に責任を」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141227-00000016-spnannex-socc

 日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)がスペインリーグの八百長に関与した疑いで同国検察庁から告発された問題で、告発がバレンシア裁判所に受理されれば、監督選定など代表強化の責任を担う「技術委員会」のメンバーが刷新される可能性が高まった。

 告発が受理されれば、日本協会の大仁会長、原専務理事、霜田技術委員長の任命責任が問われることは必至。技術委員会メンバーの一人は「そうなれば我々も一緒に責任を負うつもりだ」と総辞職も辞さない覚悟を示した。

 また告発の受理を受け捜査が本格化した時点で日本協会がアギーレ監督に辞任を勧告するか、違約金を支払って解任するという動きは避けられそうにない。臨時の技術委員会も開催される運びだ。すでに後任候補もリストアップされているもようだが、後任探しは新たな体制で進められることになる。

 アギーレ監督は29日から始まるアジア杯(1月、オーストラリア)へ向けた事前合宿までに釈明会見を行う予定。また大仁会長自らが選手に直接、事情説明する方針となっている。



スポンサーサイト

コメント

コメント

コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ゆきな
夏場はよく現地観戦にいきます。
更新が滞りますが、ごめんなさい

Jリーグ開幕!今年も応援がんばりましょ!
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。