アンテナサイトRSS
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.09 16:29|カテゴリ:サッカー国外コメント(0)

ランパード、NYシティからのレンタルではなかった プレミア「唯一マンCのみと契約」


angfb tr0109

ランパード、NYシティからのレンタルではなかった プレミア「唯一マンCのみと契約」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000018-ism-socc

 イングランド・プレミアリーグは現地時間8日(以下現地時間)、MFフランク・ランパード(36)の契約について、調査結果を発表。同選手はマンチェスターCとの契約下にあると述べ、MLS(アメリカ・メジャーリーグサッカー)を今季から戦うニューヨーク・シティの契約下にはないとした。

 NYシティは昨年7月、昨季限りでチェルシー(イングランド)を退団したランパードについて、2年契約にサインしたと発表。これをユニフォームやシーズンチケットの売り上げアップに繋げていた。そしてマンCは翌8月、MLS開幕に向けコンディションを維持するため、ランパードが「loan(期限付き移籍)」で同クラブに加入すると発表した。

 しかし、そのアナウンスは現在マンCのクラブ公式HP上から削除され、マンCは「loan」という文言を使用しなくなっている。そして、マンCが12月31日に、ランパードが今季終了時まで残留すると発表したとき、同クラブは「contract(契約)」が延長されたと述べていた。

 MLS側が『AP通信』に語ったところによると、ランパードはNYシティとは契約を結んでいなかったが、マンCの持ち株会社である英シティフットボールグループ(以下CFG)と契約していたという。

 不透明なランパードの状況について調査を行なったプレミアリーグは今回、ランパードが唯一契約を結んでいるクラブはマンCであり、同選手の加入は期限付き移籍でないと発表した。同リーグは声明で「フランク・ランパードは2014-15シーズン終了までの期間、マンチェスターCの選手として登録されている」とコメント。ランパードに関してはマンCもしくはCFGと、NYシティ間にいかなる契約もないと明かした。

 MLSの新シーズンが開幕しても、マンCでのスケジュールが終了しないとランパードの姿が見られないという状況に、NYシティのサポーターグループ「The Third Rail」は「腹が立つ」と怒りをあらわに。「フランク・ランパードがニューヨーク・シティでプレーするから、会員を含む多くのファンがチームのサポートを決め、シーズンチケットやグッズを買ったんだ。彼がマンチェスターCでプレーするからじゃない」と憤りを示している。



スポンサーサイト

コメント

コメント

コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ゆきな
夏場はよく現地観戦にいきます。
更新が滞りますが、ごめんなさい

Jリーグ開幕!今年も応援がんばりましょ!
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。