アンテナサイトRSS
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.25 06:08|カテゴリ:サッカー国外コメント(0)

長友は軽い肉離れ インテルで再起も今夏退団報道が


baerberree0125.jpg
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/25/kiji/K20150125009690480.html

 UAE戦で右太腿裏を負傷したDF長友は24日にシドニー市内の病院で検査を受け、同箇所の軽い肉離れと診断された。ルーズボールを果敢に追った延長前半4分に負傷。プレー続行は厳しい状況だったが、交代3枠を使い切っていたため、延長後半は左のインサイドハーフに入って試合を終えた。全治は未公表だが、少なくとも1~2週間の離脱を強いられる見通しだ。

 「チームのためにいかに犠牲になれるか」と強い意気込みで今大会に臨み、豊富な運動量で左サイドを制圧。1次リーグでは3連勝のチームの原動力となった。だが、最終的には1次リーグ敗退となった14年W杯に続いての早期敗退。チームとして結果を出せなかった上に、自らの負傷と最悪の幕切れとなった。

 今後はインテル・ミラノで再スタートを切るが、24日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙によると、チームはトリノのDFダルミアン獲得を画策し、それに伴い長友が今夏に退団する可能性があると報じた。長友はかねてプレミアリーグに興味を持っており、今後の巻き返しでさらなるステップアップを狙う。


インテルのサイドバックが改革? 長友退団の可能性も?

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は24日、インテルのロベルト・マンチーニ監督がトリノDFマッテオ・ダルミアンに関心を抱いていると報じた。この中で、同紙は、DF長友佑都が来季退団する可能性にも触れている。

アジアカップ出場の長友と負傷のDFジョナタンが不在のインテルは、サイドバックの駒不足から、ミニゲームの際にアシスタントコーチのシウビーニョ氏を“起用”しなければいけなかったという。そういった事情もあって、ダルミアン獲得という案が浮上したそうだ。だが、ダルミアンへの関心は来シーズン以降も見据えての動きかもしれない。

『ガゼッタ』は、「すぐ(1月)の獲得に向けての打診だったが、来年に向けて話し合いが進むだろう。ジョナタンに加えて、長友と(ウーゴ・)カンパニャーロも別れに向かっているからだ。サイドバックの改革である」と伝えている。

以前からジョナタンやカンパニャーロの退団が噂されているインテルだが、夏の移籍組に長友も加わるのだろうか。アジアカップ準々決勝UAE戦で負傷した右太ももの状態が心配される長友だが、加えて去就にも注目が集まるかもしれない。

長友の現在の契約は2016年までとなっている。来季が契約最終年となることから、移籍金を得られる夏にクラブが放出に動くということだろうか。今月、プレミアリーグの一部クラブが長友に関心を抱いているとの報道もあったが…。

なお『ガゼッタ』は、マンチーニ監督がマンチェスター・シティ時代の教え子であるMFヤヤ・トゥーレの獲得も狙っていると報じた。獲得候補の選手も含めた将来的な4-2-3-1のフォーメーションについて、同紙は次の予想を一例として挙げている。

ハンダノビッチ、ダルミアン、ムリージョ(アンデルソン・マルティン)、フアン・ジェズス(ロドルフォ)、ダンブロージオ、ブロゾビッチ(ラッサナ・ディアラ)、Y・トゥーレ(ルーカス・レイバ)、シャチリ、コバチッチ、ラベッシ(ポドルスキ)、イカルディ



スポンサーサイト

コメント

コメント

コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ゆきな
夏場はよく現地観戦にいきます。
更新が滞りますが、ごめんなさい

Jリーグ開幕!今年も応援がんばりましょ!
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。