アンテナサイトRSS
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.02.04 07:22 |カテゴリ:日本代表コメント(2)

代表監督後任の有力候補はオリヴェイラ氏、クルピ氏、フェリペ氏!?


baerbe0204.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00000019-sph-socc

 日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長(47)は、3月27日のチュニジアとの親善試合(大分ス)までに日本代表監督の後任を決める意向を示した。日本サッカーや世界レベルでの指揮に精通しているのが条件だが、Jリーグ現役監督の引き抜きを否定。元鹿島のオズワルド・オリヴェイラ氏(64)、元C大阪のレヴィー・クルピ氏(61)、元磐田のルイス・フェリペ・スコラリ氏(66)が有力候補に挙がる。

 18年ロシアW杯アジア1次予選の開始まで残り4か月。危機的状況の打開には、公私ともに信頼できる後任監督が必要だ。日本協会の霜田技術委員長は「代行を置くとは決めていない。3月の試合に間に合うように努力する」と説明。3月27日のチュニジア戦は新監督で臨む意向を示した。

 日本人の特性を熟知しているという点ではJリーグの現役監督が適任だが、開幕が3月7日に迫る。霜田技術委員長は「今日の技術委員会でJのクラブに声をかけるのはやめようと決定した」と引き抜きを否定。フリーの指導者か、違約金を払っての招へいになり、外国人監督が有力だ。

 昨年12月の八百長疑惑発覚を受け、日本協会は後任のリストアップを始めた。原専務理事は「日本を知っていた方がいい」、霜田技術委員長は「ザッケローニさん、アギーレさんのように日本のことを考えてくれる人が望ましい」と口をそろえる。日本を知り、世界で戦える指導者として浮上するのが、ブラジル国内で監督を務めているオリヴェイラ、クルピ、フェリペだ。

 パルメイラスを指揮しているオリヴェイラは10年、ザッケローニ監督との契約が不調に終わった場合の候補として協会が接触した。コリンチャンス時代の00年には世界クラブ選手権で優勝し、07~09年に鹿島を率いて3連覇を達成した。

 Aミネイロを率いるクルピは01年にはブラジル代表の監督候補に挙がり、04年にはブラジル選手権準優勝。97年と07~13年にC大阪で香川、山口、清武、乾、柿谷らを育てた。Jリーグ関係者によると、八百長問題発覚後、日本協会と接触済みだ。

 ともに「日本代表監督の要請があれば喜んで受ける」と話しているという。関係者は、現在クラブを率いているため「日本からオファーを受けても現時点では承諾の可能性はない」とするが、違約金などの問題を解消すれば話は別だ。

 97年に磐田を指揮したフェリペは、ブラジル代表を率いて02年の日韓W杯で優勝した。昨夏のブラジルW杯では母国を率いて準決勝で敗れたが、実績は十分。ザッケローニ前監督の契約切れを前提に、W杯前に日本協会へ就任の意欲を伝えたという。三者三様だが、実績は申し分ない。



スポンサーサイト

コメント

コメント

  1. KK:2015/02/04(水) 07:45:11
  2. 代表監督の経験の実績から

    選択するならフェリペと思うんだが・・・・・・

  3.  :2015/02/04(水) 08:39:15
  4. 日本にとってブラジルサッカーはよく知られたもので、アギーレやザッケローニのように新しいものを得られるわけじゃない。もしもブラジル人にするなら日本で15年以上前に半年も活動していないスコラーリよりJリーグをよく知っているクルピやオリヴェイラの方が適任。バルカン系ならピクシー。

コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ゆきな
夏場はよく現地観戦にいきます。
更新が滞りますが、ごめんなさい

Jリーグ開幕!今年も応援がんばりましょ!
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。