アンテナサイトRSS
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.02.11 15:06|カテゴリ:サッカー国内コメント(0)

【ニューイヤー杯】浦和レッズがジュビロ磐田を3-1で下し、大会初勝利!


sbrtbrrr0211.jpg

 第1戦を勝利した磐田と、スコアレスドローで終えた浦和の対戦。しかし試合は、浦和が現状のチームの完成度の差を見せつけた。

 新戦力が期待通りを活躍を見せた。まずは前半10分、カウンターから柏から獲得したDF橋本和がクロス。中で待ち構えた大宮から加入のFWズラタンがコントロールからシュート。これはクロスバーを叩いたが、こぼれ球を拾ったMF宇賀神友弥のシュートのこぼれ球を、最後は仙台から加入のFW武藤雄樹が押し込み、浦和が先制に成功した。

 追加点も浦和。後半25分、右サイドから上がったクロスをDF駒野友一がヘディングでクリア。しかし中途半端になると、胸トラップで受けた橋本が右足ボレーで押し込む。これがGKカミンスキーの脇を抜けて、ゴールラインを越えた。さらに同32分には橋本がダイレクトでサイドチェンジを狙うと、DFに当たったが宇賀神まで通る。エリア内に入った宇賀神は、DF1人を切り返しでかわして、ダメ押しとなる3点目を奪った。

 一方的な展開を強いられた磐田だが、後半42分、MF小林祐希がゴールネットを揺らし一矢報いた。3失点こそしたが、新加入GKカミンスキーがDF槙野智章のPKをストップするなど、見せ場も作った。磐田は10日に元イングランド代表FWジェイ・ボスロイドを獲得したことを発表。着々とチーム強化も進んでいる。「J1で戦うことをベースにしている」と話した名波浩監督。新戦力を早期フィットさせ、まずはJ2の頂を目指す。






スポンサーサイト

コメント

コメント

コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ゆきな
夏場はよく現地観戦にいきます。
更新が滞りますが、ごめんなさい

Jリーグ開幕!今年も応援がんばりましょ!
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。