アンテナサイトRSS
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.02.12 11:57|カテゴリ:サッカー雑記コメント(0)

ローレウス世界スポーツ賞最終候補にC・ロナウドが選出


aevr3qwsd0212.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150212-00280114-soccerk-socc

 毎年、スポーツの各分野で活躍した選手から選ばれるローレウス世界スポーツ賞の最終候補者6名が、11日に発表された。

 サッカー界からは、年間最優秀男子選手にレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが選出された。C・ロナウドは3度目のノミネートだが受賞経験はなく、サッカー選手の初受賞に期待がかかる。

 また、この1年間で最もブレイクした選手に与えられる年間最優秀成長選手賞には、ブラジル・ワールドカップで印象に残る活躍を見せた2選手がノミネート。ゴールデンブーツ賞(得点王)に輝いたレアル・マドリード所属のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスと、決勝延長戦で値千金の決勝ゴールを決めたバイエルン所属のドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが選出された。

 年間最優秀チーム賞には、ブラジルW杯優勝のドイツ代表チームと、レアル・マドリードがノミネートされている。受賞者は4月15日に行われる式典にて発表される。


その他の候補者

F1世界王者のルイス・ハミルトンがローレウス世界スポーツ賞の年間最優秀男子選手賞候補にノミネートされた。所属チームのメルセデス、そしてダニエル・リカルド(レッドブル)も栄光の候補に挙げられている。

メルセデスは2014年に圧倒的な優位を誇り、ハミルトンは相棒のニコ・ロズベルグと激しいタイトル争いを繰り広げた末に自身2度目のチャンピオンに輝いた。他に年間最優秀男子選手の候補に選出されているのはMotoGPに初参戦してから2年連続で王座を手に入れたマルク・マルケス、テニスのノバク・ジョコビッチ、レアル・マドリード所属のサッカー選手クリスチアーノ・ロナウド、ゴルフのロリー・マキロイ、フランスの男子陸上競技選手ルノー・ラビレニがいる。

昨年に19戦中16勝を記録したメルセデスが候補になっているのは年間最優秀チーム賞で、ライバルはライダーカップ(ゴルフ)のヨーロッパ代表チーム、FIFAワールドカップ優勝のドイツ代表チーム、レアル・マドリード(スペインのサッカーリーグ、リーガ・エスパニューラ)、NBAのサンアントニオ・スパーズ、デビスカップ(テニス)のスイス代表チームだ。

一方、リカルドがノミネートされているのは年間最優秀成長選手賞。昨年、トロ・ロッソからレッドブルに昇格したリカルドはパートナーだった4連覇王者のセバスチャン・ベッテルが未勝利に終わる中、3勝を挙げている。そのベッテルは2014年に年間最優秀男子選手賞を授かった。

また、F1界からは2002年と2004年にミハエル・シューマッハが年間最優秀男子選手賞に輝き、2009年に夢物語のようなチャンピオンシップ制覇を成し遂げたブラウンGP(現メルセデス)が2010年の年間最優秀チーム賞を受賞している。加えて、所属ドライバーでドライバーズ選手権タイトルを獲得したジェンソン・バトン(現マクラーレン)が同年の年間最優秀成長選手に選ばれた。また、その前年には2007年のF1デビューで目覚ましい活躍を見せたハミルトン(当時マクラーレン)が同賞に輝いている。
http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/191221.html


スポンサーサイト

コメント

コメント

コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ゆきな
夏場はよく現地観戦にいきます。
更新が滞りますが、ごめんなさい

Jリーグ開幕!今年も応援がんばりましょ!
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。