アンテナサイトRSS
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.01 01:42|カテゴリ:サッカー国外コメント(0)

【ルールダービー】ドルトムントがシャルケを圧倒して4連勝!内田・香川共に出場!


 aeadesee0301.jpg 


28日に行われたブンデスリーガ第23節、ボルシア・ドルトムント対シャルケのルールダービーは、ホームのドルトムントが3-0の快勝を収めた。ドルトムントMF香川真司は先発で出場して77分までプレー。シャルケDF内田篤人はフル出場している。

リーグ3連勝と調子を取り戻してダービーを迎えたドルトムントは、ミッドウィークのユヴェントス戦で出番の訪れなかった香川が先発に復帰。負傷で離脱したピシュチェクの代役にはキルヒが入り、中盤はムヒタリャンがリーグ後半戦では初の先発に入った。

一方のシャルケはここ2試合白星がなく、チャンピオンズリーグ出場圏内を守るためにも負けられない試合。前節をひざの問題で欠場した内田が復帰し、出場停止の空けたフンテラールも先発に戻った。

開始4分、前節2アシストの香川がいきなりのビッグチャンスを演出する。絶妙のスルーパスをオーバメヤンに通したが、フリーで抜け出したオーバメヤンはシュートをGKヴェレンロイターに当ててしまった。

16分には香川自身に決定的なゴールチャンス。フンメルスが前線にロングボールを送り、ノイステッターがクリアしきれなかったボールから香川がダイレクトでのループシュートを狙うが、ヴェレンロイターの頭上を抜いたボールは惜しくも枠を捉えられなかった。

その後もドルトムントは主導権を握り、一方的にシャルケのゴールを脅かし続ける。26分にはフンメルスのロングボールを収めたロイスにGKが引きつけられ、空いたゴールをオーバメヤンが狙ったがナスタシッチが辛うじてカバーして先制点を許さない。

34分には香川が良い形で前線への飛び出しを図って獲得したCKから、ロイスのボレーがクロスバーを叩く。36分に香川のパスを受けて左サイドから中央へ切り込んだロイスのシュートも決まらず、ドルトムントがシャルケを圧倒しながらも無得点で前半を折り返した。

後半もドルトムントの優位は変わらず、特にロイスがたびたびチャンスを迎えるが均衡を破ることができない。56分の1対1の形も阻むなど、19歳のGKヴェレンロイターの奮闘が光っていた。

65分にはロングボールを受けたムヒタリャンが内田に競り勝ってシュートに持ち込んだが、これもヴェレンロイターがセーブ。ライバルを防戦一方に追い込むドルトムントだが、どうしても最後の壁を破ることができない。

75分には香川が左サイドを突破して獲得したFKから、ロイスが直接狙ったシュートが枠を捉えるがやはり弾き返される。たびたび好プレーを見せていた香川は77分にベンチに退き、ブワシュチコフスキが投入された。

その直後、攻め続けたドルトムントについに先制ゴールが生まれる。一旦クリアされたボールを拾ったムヒタリャンがもう一度スルーパスを送り、これを受けたオーバメヤンが軽いタッチでヴェレンロイターを破ることに成功した。



さらにその直後、またもセカンドボールを拾った形から立て続けの追加点。良い出足でボールを奪ったギュンドアンがそのままの勢いで前線に飛び出し、右サイドでボールを受けてクロスを送ると、内田ともつれながら飛び込んだムヒタリャンが待望の今季初ゴールをマークした。



完全に決壊してしまったシャルケは、奮闘していた若き守護神にも致命的なミスが出てしまう。86分、バックパスを受けたヴェレンロイターが一瞬プレーを躊躇したところを逃さず、プレスをかけ足を出したロイスが3点目を押し込んだ。



なかなか先制点を奪えなかったドルトムントだが、内容的には圧倒し、終わってみればスコア的にも完勝。ダービーマッチを制して連勝を4に伸ばし、復活を強く印象づけた。シャルケにとっては4位以内を守る上で痛い黒星となりそうだ。


スポンサーサイト

コメント

コメント

コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ゆきな
夏場はよく現地観戦にいきます。
更新が滞りますが、ごめんなさい

Jリーグ開幕!今年も応援がんばりましょ!
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。