アンテナサイトRSS
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.03 05:25 |カテゴリ:日本代表コメント(0)

【日本代表】ハリルホジッチ氏、基本合意!?サッカー日本代表監督就任へ


gqaetfadee0303.jpg

 日本サッカー協会が、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)と次期日本代表監督就任について基本合意したことが2日、分かった。交渉のためフランス入りしている日本協会の霜田正浩強化担当技術委員長(48)が、大仁邦弥会長(70)に進展の状況を電話で報告。大仁会長は「もう大丈夫」と、12日の日本協会理事会に諮った上での正式決定を示唆した。

 ついに、交渉がまとまった。日本協会関係者がこの日、「もう(正式に)決まる」と断言。関係者の話を総合すると、2月28日から3月1日にかけて、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の名将、ハリルホジッチ氏と条件面で基本合意に達した。

 日本協会の霜田技術委員長は最終交渉のため、2月26日にハリルホジッチ氏が住むフランスへ出発。同27日に正式オファーしていた。1日夜までに年俸や契約年数などについて合意。パラグアイで行われる南米サッカー連盟の会議に出るため、経由地のパリに滞在していた大仁会長や日本にいる技術委員に報告した。

 年俸は200万ドル(約2億4000万円)前後で、2018年ロシアW杯の指揮を前提とした1年ごとの更新。U-22日本代表の手倉森誠監督(47)がコーチとして入閣することも了承されたとみられる。12日の日本協会理事会で承認を得てから契約書にサインし、正式決定となる。

 その事実を裏付けるように、大仁会長が発表前としては異例の表現で状況を明かした。サンパウロ行きの航空機に乗る直前、休憩で利用したパリ郊外のホテルで取材に応じ、霜田委員長から電話で連絡が入ったことを説明。「今の状況の話です」とし、12日の理事会での正式決定について「まあ、もう大丈夫ではないかと思っています」と明言した。

 今後はコーチや家族の待遇面など細部の調整に入る。原博実専務理事(56)は「契約ごとというのは、まだ分からないところもある。理事会で承認されてからだし、細かいことがその前にあるかもしれない」と、正式契約まで慎重さが必要であることを強調した。ただ、よほどの不測の事態がない限り、合意が覆る可能性は低い。

 代表チームでの実績は日本代表史上最高といえる指揮官だ。昨夏のブラジルW杯では、下馬評の低かったアルジェリアを率いて16強入り。ドイツと延長までもつれる激闘を演じ、1-2で敗れたものの優勝国を最も苦しめた手腕が絶賛された。

 10年南アフリカW杯前はコートジボワール代表を指揮してアフリカ予選を突破。6試合で19得点の攻撃サッカーを披露した。ハビエル・アギーレ前監督(56)も母国のメキシコを率いたW杯で16強に2度進んでいるが、母国以外で結果を残す指導者は世界でも貴重だ。ユーゴスラビア代表FWとして活躍した現役時代は、フランスリーグで2度の得点王に輝いた経歴があり、決定力不足解消への希望も広がる。

 大仁会長は「ボチボチじゃないですか」と、霜田委員長が近く交渉を終えて帰国することも示唆した。元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(73)も「素晴らしい」と太鼓判を押す名将が、日本にやってくる。



スポンサーサイト

コメント

コメント

コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ゆきな
夏場はよく現地観戦にいきます。
更新が滞りますが、ごめんなさい

Jリーグ開幕!今年も応援がんばりましょ!
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。