アンテナサイトRSS
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.08 18:51|カテゴリ:鹿島アントラーズコメント(0)

【鹿島】セレーゾ監督、誤審について語る「我々が勝ち点を失う代償しかない」(動画)


 aerferefe0308.jpg

 1―3で開幕戦を落としてしまった鹿島のトニーニョ・セレーゾ監督が主審に“異議”を唱えた。

 「ボクは(記者から)質問されたから答えるんだ。それが前提だよ」と批判ではないことを強調した上で「ピッチで起きたことをメディアの皆さんも選手も見ている。でも誰も何もしないし、議論もされない。レフェリーは何の処罰も受けない。我々が勝ち点を失う代償しかない。罰金を科せられて、協会に呼び出される。何でそこ(異議)に至ったかを言うこともできない」とまくし立てた。

 問題となったのは1―2の後半37分だった。至近距離から放ったMF金崎のシュートを清水DFがブロック。ただ左腕に当たったかのようだったが、佐藤主審はファウルを取らず。猛抗議も実らなかった。

鹿島MF遠藤の同点ゴールもゴールラインを割ったかどうかが微妙なシーンで“おあいこ”

とはいえ、ファウルと判定していれば一発退場は必至な状況。試合の流れを決めるプレーとなっただけに指揮官の怒りは収まらなかった。チームは試合後、Jリーグに意見書を提出する方針を示した。


スポンサーサイト

コメント

コメント

コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ゆきな
夏場はよく現地観戦にいきます。
更新が滞りますが、ごめんなさい

Jリーグ開幕!今年も応援がんばりましょ!
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。