アンテナサイトRSS
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.11 19:26|カテゴリ:サッカー国外コメント(0)

ミランがタイ人の実業家に株51%譲渡の仮契約!?ベルルスコーニ会長らは否定


aervervee0311.jpg

デイリースポーツ
 本田圭佑が所属するイタリア・セリエA・ACミランが、タイ人実業家ビー・テチャウボン氏に株51%を譲渡する仮契約を結んでいたとの報道が11日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトで報じられました。
 ミランなどが所属するベルルスコーニ会長のフィニンベスト・グループはこれを否定している。

 5日の報道では株30%を2億5000万ユーロ(約323億円)で売却したとの内容でしたが、その場で追加で51%のオプション契約をしたとのことです。信用度はどれくらいの情報か分かりませんが、テチャウボン氏は過去に50%以上の株を買い取ろうとしたことがあり、その時には買い取る資金はなかったとのことです。

 ミラン買収には複数の候補者が上がっており、中国人実業家ポー・クィ・ユン・ワンショー氏やメキシコの大富豪カルロス・スリム氏の名前も挙がっています。

 たまに馬鹿なオーナーが買い取った途端にチーム名を変えようとしたり、クラブエンブレムがすごいことになったりします…買収が行われたとしてもそのまま残ってほしいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメント

コメントの投稿





トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
ゆきな
夏場はよく現地観戦にいきます。
更新が滞りますが、ごめんなさい

Jリーグ開幕!今年も応援がんばりましょ!
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。